介護にかかるサービスの売上管理について

介護にかかるサービスを提供する事業所において、その売上管理を正しく行うことは、事業所を継続的に維持、発展させていくためには、とても大切なことです。しかしながら、その売上管理方法は非常に複雑ですから、経理に熟練した社員でなければ上手く管理することができず、人件費をはじめとするコストがかかります。というのも、介護にかかるサービスは、高齢者個々のレベルにより、保険の適用範囲等が異なりますし、また、高齢者は一つのサービスを受けるだけではなく、様々なサービスを受ける人がほとんどですから、単純に売り上げを計算するだけではないのです。さらに、請求先も高齢者本人に場合もあれば、家族の人に請求しなければならない場合もありますから、入金管理にも手間がかかるのです。最近では、こういった介護事業所の問題を解決するため、売上管理をシステム化する事業所が増えています。介護のソフト最初に高齢者の基礎データを入力しておけば、後は利用されたサービス内容を入力するだけで、保険の適用範囲や請求書の作成、入金管理までシステム上で行ってくれますから、売上管理に慣れていない社員でも、対応することができます。高齢者は、今後、ますます増えてくることが予測され、それに伴って介護サービスにかかる売上管理も複雑多岐にわたることが予測されます。こういった現状において、システム化は避けては通れない課題であり、今後さらに需要が高くなることが予測されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です